人気記事
【全4ステップ!】Instagramを使ってECサイトの売り上げをアップする方法!
皆さんこんにちは、youtaです。
私は普段、SNSマーケティングを専門にやっており、嬉しいことに最近ではECサイトの運営も絡めたお仕事も受けることも多いです。
やっぱりECサイトは需要が増してるなと考えてる今日この頃ではあります。
また、現在は個人でハンドメイド作品などをECサイトで販売している人も多いですよね!
そこで今回はInstagramを使って個人でもECサイトの売り上げを上げる方法を伝授したいと思います!
レッツInstagram&ECサイト!

Instagramを使ってECサイトの売り上げをアップ!~事前準備編~

①競合アカウントをリサーチしよう!

 

先ずは敵を知らなければ始まりません!

 

同じサービスを提供しているInstagramアカウントをリサーチすることによって得られることは大きいです!

 

 

 

アカウント自体の雰囲気はどのようなものなのか?
どのような投稿でお客を集めているのか?   etc

 

 

学べることはたくさんあります!
それをマネするのか、別の方向で差別化を図るのか。
それは次の項目に繋がります!

➁ブランディングを決めよう!

 

ライバルアカウントを研究したら次はいよいよ自分のアカウント設計です!

 

 

  • 投稿は統一性を出していくのか
  • ストーリーハイライトの個数とトップ画像の候補
  • 投稿はどのペースでしていくのか
やることまだまだたくさんあります!
ある程度決められるところは決めて運用すると後々楽ですので、最初は大変ですが頑張ってみましょう!
より詳しいことを聞きたい方がいまいしたら私のTwitterのリンクを貼っておきますので、DMでお気軽にご質問してください~
(もちろんお金とかはかかりませんし、営業とかもしませんのでご安心を(;^_^A)

③ECサイトのUIUX

 

Instagramアカウントにばかり気を取られて、一番大切なところがおろそかになっていませんか?
いくらInstagramで集客してもメインのECサイトが作りこまれていないと、お客さんは離れていってしまいます…
実店舗でもやたら通路が狭かったり、案内の看板がなかったら困ってしまいますよね。
ECサイトではサイト設計がそれに当たります!
テンプレートを使えば誰でも簡単に綺麗なサイトを立ち上げることは可能ですが、それに油断せず細部までこだわるようにしましょう!

④ECサイトとInstagramを連結させよう

ご存じの方も多いかもしれませんが、Instagramではショッピング機能というものがあります!
今ではInstagramで買い物をする人はたくさんいます。
この機能は主要なECサイトには対応していますし意外と簡単に出来るので、すぐに連結させましょう!
これがあるのとないのでは大違いです!
また、少し話は違いますが、Instagramのアカウントは『プロアカウント』にしておきましょう!
これはすぐにできることですし、後々必要になってきます。

Instagramを使ってECサイトの売り上げをアップ!~運用スタート編~

①投稿の方向性を決めよう!

事前準備でいろいろなアカウントを見たと思いますが、それをもとに投稿の方向性を練っていきましょう!
投稿の統一性と言いても様々あります。
上の画像のようにキャプション(文字)をメインに投稿を作成していく手もありますし、写真をメインに画像を加工する手もあります。
統一せずに自由にやるのももちろん良いと思います!
どのような投稿が自分のサービスとマッチしているのかを一回あぶりだす作業は必要になりますので、取り組んでみましょう!

➁初回キャンペーンでブーストを!

こちらは可能ならやることをおすすめします!
やはり、どんなに良い投稿を作ってもそう簡単にフォロワーは増えませんし、最初は他の投稿に埋もれてしまうのがSNSの宿命です。
そこで初回キャンペーンを行うことによって、ユーザーに自分を見つけてもらいましょう!
しかしただやるだけでは効果は薄いです。
しっかりとハッシュタグを使い、フォローやコメントを参加条件にしましょう!
これも他のアカウントを参考にするとよいでしょう!

③こちらからアプローチしてみよう!

こちらからユーザーをフォローしたりコメントを送ることで認知してもらう方法もあります。
しかしやりすぎには注意が必要です。
また短時間にやりすぎると『アクションブロック』という制限がかかり、3日間アプローチが出来なくなってしまいます。
それを避けるために丁寧に時間をかけて行うようにしましょう!
根気が必要な作業ですので無理はせずにです!

Instagramを使ってECサイトの売り上げをアップ!~成長編~

①定期的な更新を!

アカウントとしての基盤が出来ていないときに投稿の間隔がまばらだと、ファンがつきにくい上にせっかくついたファンの離脱にも繋がってしまいます。
皆さんも投稿が長く開いているアカウントをフォローする気にはなりませんよね…
Instagram投稿は質も量も求められます。
そこで、個人でも簡単に投稿が作成できるツールをこちらのブログで紹介していますので、ぜひ見てみてください!

➁リール投稿をしてみよう!

フォロワーが増え、いいねやコメントを貰えるようになったら『リール投稿』を活用してみましょう!
リール投稿とは、60秒以内のショート動画を色んなユーザーに届けることが出来る機能であり、上手くやれば何千何万回と再生される可能性があります!
リール投稿を伸ばすコツは色々あるのですが、一番重要な点はフォロワーが少ない時に投稿するのはやめましょう!

リール投稿のアルゴリズム上、一番最初に上げた動画は伸びやすい傾向にあります。
また、投稿してから短時間で再生数を稼げるとInstagram側から

『これは面白い動画だから色んな人に見せよう!』 となり、多くのユーザーへの拡散に繋がります!

そこで投稿する際は『フィードにシェア』を押してフォロワーに見てもらい、初めの再生数を稼ぐようにしましょう!

 

 

そのためにもある程度フォロワーがいて拡散に繋がる状態を作ってからリール投稿には手を出すようにしましょう!

③定期的なキャンペーンも!

分かりきっていることではありますが、ユーザーというのは自分に利益があるアカウントをフォローします。
有益な情報を盛り込んだ投稿を発信するアカウントはユーザーから好かれ、フォロワーも多いですよね。
しかしいきなりこの境地に達することは厳しいです…
そこで初回のブーストでもお世話になったキャンペーン先輩に頼りましょう!
無理ないように定期的にキャンペーンを行い、一歩一歩アカウントとしての地位を確立していきましょう。

④少額で広告を出稿しよう!

広告というワードを聞くと
『難しそう』『広告費が高そう』など、マイナスの面を連想する方も多いと思いますが、SNS広告の特徴の一つに、広告費を安く抑えられ個人でも簡単に出稿が可能という点があります。
現在、SNS広告の出稿の仕方はブログやYouTubeなどで学ぶことが出来ます。
もちろん広告は奥が深く、本格的な運用はできないかもしれませんが、可能性を広げるという点でも『売り上げが上がったらラッキー!』程度の感覚で出稿してみるのも一つの手ですよ!
しかしやりすぎは注意ですよ

Instagramを使ってECサイトの売り上げをアップ!~大詰め編~

①分析・改善をしよう!

 

ECサイトでは、売り上げ・セッション数・CVR(購入率)などなど、分析する項目はたくさんありますが、Instagramでの分析も忘れずに!

 

 

最初の方でInstagramアカウントは『プロアカウント』にしていくようにと言いましたが、それがここで役立ってきます。

プロアカウントにしておくと『インサイト』という分析ツールが使用できます。

 

 

 

ここのデータを見てユーザーの年齢や、反応が良い投稿の傾向などを洗い出しましょう!

 

 

また、投稿の良し悪しを決めるのはあなたではなくユーザーです

自分が良いと思った投稿でも、フォロワーからの反応はいまいちということはざらにあります。
投稿する前に思考するのももちろん良いですがあまり考えすぎず、ユーザーからの反応をインサイトで見てから改善していく方法も覚えておいてくださいね!

➁広告運用を本格的にしてみよう!

Instagramの運用によりECサイトの売り上げが順調に伸び、満足している方には広告は必要ありません。
しかし、伸びてはいるが満足はいっていない方や、売り上げにあまり繋がらず悩んでる方が大半だと思います。
そんな方は本格的にInstagramで広告を出稿してみましょう!
広告の効果を測るには様々な指標がありますが、目的とゴールを明確化しましょう!
また、本格的に広告を運用するとなるとROAS(広告費用効果)などを意識した運用や専門知識が必要となってきます。
しかしそこまで時間を割ける方はいないと思いますし自分ですべてやるというのは少し現実的ではありません。
そこでプロの広告運用者にお願いすることも手だということも覚えておきましょう!

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

 

この記事がこれからECサイトを運営していく方の力になっていたら嬉しいです(*^-^*)

 

 

ECサイトとSNSマーケティングは切っても切れない縁です。

また、Instagram運用には終わりはありません。

 

 

運用していく中できっと困難も待ち受けてると思いますが、その時はいったん立ち止まって落ち着きましょう。

思わぬところに答えはあるかもしれませんよ!

 

 

いつか皆さんのECサイトでお買い物をすることを楽しみに待っています!

 

では次回のブログでお会いしましょう♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事