人気記事
SNS広告のメリットとデメリット 相性のいいSNSを選ぶには?

 

SNS広告は効果が高くて費用も安く済むって聞くけれど、それってホントなの?

 

そんな疑問にお答えするべく今回は、SNS広告のメリットとデメリットと、それぞれのSNSに向いている商品やサービスのジャンルなどを解説していきます。

 

SNS広告とは?

 

SNS広告とは、InstagramやTwitterなどのSNS内のタイムライン上などに表示させる広告のことです。

その主な仕組みとしては、表示された広告をユーザーがクリックするとLP(ランディングページ)やホームページに移動します。

そこで商品やサービス内容を訴求し、購入やお問い合わせをしてもらいます。

 

SNS広告の特徴

 

SNS広告には一体どんな特徴があるのでしょうか。

 

SNS広告は、インターネット広告の中でも高い割合を占めていて、総広告費は5500億円を超えます。

SNS広告を活用している企業は今でも急速に増加しており、数年後には広告費全体の過半数にまで達するといわれています。

 

SNS広告におけるSNSの種類と特徴

 

SNS広告といっても、SNSには様々な種類があります。

 

・TwitterやInstagram、Facebookなどの投稿型のSNS

・LINEなどの連絡ツールとしての目的を備えたもの

・YouTubeやTikTokなどの動画媒体がメインのSNS

 

SNS広告がここまで伸びてきたのは、SNSが非常に多様性に富んだ媒体であることが大きな要因の一つだといえます。

 

SNS広告のメリットと効果

 

SNS広告には他の広告媒体にはないメリットがあります。

それらを理解し活用することで、SNS広告で大きな成果を出すことができます。

 

・SNS広告はターゲットを細かく絞れる

・SNS広告は拡散力がすごい

・SNS広告は少ない費用から始められる

 

SNS広告はターゲットを細かく絞れる

 

SNS広告のメリットとしてまず第一に挙げられるのが、ターゲットを細かく絞って広告を打つことができるということです。

 

SNS広告はSNSを媒体として使用しているため、

対象とするユーザーの年齢・性別・職業など様々な属性ごとにターゲットを細かく設定することが可能です。

 

ターゲットを細かく絞ることで、より正確に自社の商品やサービスを訴求したいユーザーに広告を表示させることができます。

 

SNS広告は拡散力がすごい

 

SNS広告はその性質上、Twitterのいいねやリツイートなどに代表されるような拡散機能を備えているものが多くあります。

そのため、評判が良ければユーザーが勝手に拡散してくれるため、期待以上の広がりと効果をもたらしてくれる場合があります。

 

SNSごとに性質を理解し、ユーザーの共感を得やすいジャンルやテイストにすることで、意図的に拡散される仕組みを作ることも可能です。

 

SNS広告は少ない費用から始められる

 

SNS広告は費用の柔軟性も大きな魅力の一つです。

 

SNS広告は少額の費用から広告を打つことが可能で、使用するSNSによっては数百円単位で費用を調節することも可能です。

少額だと効果があまり出ないと思われがちですが、ターゲットを細かく絞れるおかげで、多額の広告費をかけてたくさんのユーザーに表示させなくとも、

少額でもしっかり顧客になりそうなユーザーに効率的に訴求することができます。

 

SNS広告は小額からでもしっかり効果が出るので、個人や中小企業などには非常に心強い武器となります。

 

SNS広告の効果とデメリット

 

SNS広告にはもちろんメリットだけでなくデメリットもあります。

SNS広告で重要なのは、メリットもデメリットもしっかり把握したうえで、適した使い方をすることです。

 

・SNS広告はユーザー属性の分析が必要

・SNS広告は年齢層に偏りがある

 

それではSNS広告のデメリットとその解決方法まで解説していきます。

 

SNS広告はユーザー属性の分析が必要

 

SNS広告はターゲットを細かく絞って効率的に広告を打つことができるのがメリットだと解説しましたが、実はそれは諸刃の剣でもあるのです。

SNS広告はターゲットを細かく絞ることができる反面、ターゲットの絞り込みがうまくいかないと効果が格段に下がってしまいます。

 

例えば、20代女性向けの化粧品を40代の女性に宣伝しても効果は期待できないでしょう。

分かりやすく極端な例を出しましたが、実際に打つ際はもっと細かな設定ができる分難易度が高いです。

SNS広告で最大の効果を生むためには、自社の商品やサービスにマッチしたユーザー属性を正確に見極める必要があります。

 

SNS広告で失敗しないためにも、プロに委託することが最大の近道だといえるでしょう。

 

SNS広告は年齢層に偏りがある

Illustration of cityscape and people walking

 

SNS広告において注意すべき点として、年齢層の偏りがあります。

 

SNS広告は他の媒体に比べ年齢層がかなり若い世代に偏っている傾向があります。

SNSによって多少違いはありますが、一部を除いてほとんどのSNSが高齢者は少ないのが現状です。

 

SNS広告は自社の商品やサービスと照らし合わせ、SNS広告で効果が見込める年齢層のターゲットがいるかどうかをしっかり見極めましょう。

 

SNS広告に適したジャンルとは

 

SNS広告といってもSNSの種類は多種多様で、その用途・特徴・年齢層などもそれぞれに違った特徴があります。

SNS広告を効果的に利用するためには、それぞれのSNSの特徴を理解したうえで、自社の商品やサービスに適したSNSを選ぶ必要があります。

 

SNS広告① Twitter

 

Twitterは最も拡散力が高く、匿名性の高い非常に流動性の高いSNSです。

年齢層はまばらで、他のSNSに比べて多くのサンプルを収集することができます。

 

タイムライン形式のため、投稿が流れやすいことに注意する必要があります。

SNS広告の中では企業よりも個人向けで、広告内容はキャンペーンなどがおすすめです。

 

最近ではスペースなどで音声配信にも力を入れているので、これからも様々な可能性が広がるSNSでもあります。

 

SNS広告② Instagram

 

SNS広告の中でも画像がメインになるSNSです。

年齢層は10代から30代の女性がメインですが、最近では男性や40代以上の世代にも浸透してきています。

 

Google・Yahoo!に続く検索エンジンとしての役割も果たしており、特に若い世代はお店などを検索する際にInstagramを利用するユーザーが非常に多くなっています。

 

画像がメインのため、商品やお店の魅力や世界観が伝わる画像やデザインが重要です。

 

SNS広告③ Facebook

 

SNS広告の中では最もビジネス利用が多いSNSです。

実名登録が大半で、個人・企業どちらにも適したSNSです。

 

年齢層は20代から40代の男性が多い傾向にあります。

FacebookとInstagramはどちらもMETAが運営しているため、Facebookで打った広告はそのままInstagramにも公開することができます。

 

SNS広告④ LINE

 

チャット機能や通話機能がメインのSNSですが、実は広告媒体としても非常に有用なSNSです。

 

SNS広告の中でも日本での利用者数は圧倒的で、日常のコミュニケーションと深く結びついているため、かなりの効果が期待できます。

 

SNS広告の中でも年齢層は若い世代から高齢者までと幅広く、どの世代にも多くのユーザーがいるため、どんなジャンルでも効果を出すことができます。

 

まとめ

 

SNS広告は日に日にその勢いを増していて、利用する企業も増加しています。

だからこそ、しっかりとメリットとデメリットを理解して有効に活用することが求められます。

 

SNS広告の活用を検討している方にとって、この記事が少しでも役に立てれば幸いです。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事