人気記事
【Webマーケター必見】LPを制する者はマーケティングを制す

皆さんはLPというものをご存知でしょうか。

LPとはLanding Pageの略称でWebマーケティングをする上でとても重要な要素の一つであると見なされています。

しかしLPの重要性や汎用性を理解している人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は多角的な側面からLPの本質について探っていこうと思います。

 

LP(ランディングページ)とは?

LPとはメインのWebサイトとは別に訪問者に特定の行動を起こしてもらうことだけを目的としたWebページのことです。
LPには、新しいサービスを宣伝するソーシャルメディアの集客などターゲットを絞った施策を講じることを可能とします。そのため通常のWebページよりも高いコンバージョン率が期待できます。

 

LPはホームページとどう違うのか?

LPとホームページの違いは、いくつかあります。

LPは、ホームページとは異なり、通常Webサイトとは別の場所に存在します。Webサイトのツールバーにあるボタンをクリックしても、LPにつながることはありません。

LPは、ホームページとは異なり、1つのオファー(見込み客獲得の為に提示されているコンテンツ)によって集められた特定のユーザーを対象としています。それに対してホームページは、より多くのユーザーを対象としています。LPよりもホームページの方が、気軽に閲覧する人や情報を求める人が多いため、LPの方が高いコンバージョン率を誇っているのです。

LPは、ホームページとは異なり、「コンバージョン」という1つの目的に特化しています。ホームページは幅広い層を対象としているため、訪問者が選択できる選択肢がたくさんあります。それに対してLPは基本的にそのページの閲覧者に商品の情報などの情報を提示しているのです。

LPでは、デザインからコンテンツに至るまで、すべてが唯一の目的を持っています。LPの基本構造は以下のように表せるでしょう。

 

貴方様はこの商品やサービスに興味を持たれたのですね。

            ↓

ではこのページのご登録フォームからお申し込みください。

 

如何でしょうか。これほどまでにシンプル且つマーケティングに即したページがあるでしょうか。
このように考えるとホームページは受動的で、LPは能動的であると言えるでしょう。この2つのページを混同したり、互換的に使用したりすると、マーケティングが滞ってしまいます。この二つの基本構造や本質を知る必要性についてご理解いただけたでしょうか。

 

なぜLPがマーケティングに重要なのか?

 

ホームページ自体にLPの機能性を持たせようとすると内容が希薄になってしまう恐れや、ページ自体の複雑さなどによって見込み客の購買意欲を下げてしまう恐れがあります。つまりホームページには十分な集客力がありません。ターゲットとなる(通常は有料の)トラフィックをホームページに誘導することで、まあまあの成果を上げているのであれば、ランディングページに変更した方がROI(Return On Investigation:費用対効果)を高めることができるでしょう。

LPは、読者を特定の行動に導くことで、あなたが主導権を握ることができるのです。

 

Google Adwords(Google社が運営するリスティング広告サービス)のキャンペーン(ここで言うキャンペーンとは見込み顧客の特定、獲得から成約、離反防止や継続的な購入促進などの取り組みまでのマーケティング・コミュニケーション全般のプロセスを指す)で、最も価値のあるキーワードで閲覧者が来たとします。我々の理想的としては閲覧者に次に何をしてもらいたいでしょうか?

あなたは閲覧者を、選択肢が多すぎて次に何をすべきか明確にわからないホームページに流入させますか?それとも、あなたがしてほしい行動を実行するように説得する専用のLPに流入させるでしょうか?

閲覧者に何をしてもらいたいかがわかったら、LPに流入させ閲覧者がそれをするのを非常に簡単にしましょう。

LP制作における最重要項目

こちらは私が作成したLPのデザインになります。私がこのLPにおいて意識した点は大きく二つに分けられます。

 

・イメージ画像によって閲覧者が一目で理解できるデザイン

・文章をなるべく少なくすると共に閲覧者の気を引く文言を取り入れること

 

これら二つの点を意識する事によって閲覧者がこのページに流入した際の集客を可能とさせていると言えるでしょう。LPは、Webサイトの閲覧者がWebサイトを開いたときに最初に目にするものであるということは、これまでに何度もお話してきました。そのため、魅力的なヘッダーや文言に加えて、ページの美しさや利便性も求められます。

 

LPデザインにおいて重要なポイント

 

・ブランドに合った一貫した色とフォントを使用する

・ページの整理整頓

・美しさを感じさせるビジュアル(画像や動画)を含むこと

・わかりやすく、ワクワクするようなCTAをデザインする

 

※CTA:Call To Actionの略で、「行動喚起」の意味。Webサイトの閲覧者を具体的な行動に誘導すること。

 

具体的なLP制作において意識するポイント

 

・ターゲット層のニーズや課題に応じたコンテンツを盛り込む

・訪問者に価値を提供するCTAのデザイン

・訪問者がコンバージョンすべき理由を伝える情報を含む

・訪問者がどのようにコンバージョンするかを確認する

・訪問者が簡単に連絡先情報にアクセスできるようにする

 

最後に

如何でしたでしょうか、LPの重要性やホームページとの違いについて理解いただけたでしょうか。この記事をきっかけにLPのことを少しでも知って頂けたら幸いです。インターネットを主流としたビジネスが幅を利かせている現代社会において商品やサービスへの集客はとても重要な要素であると言えるでしょう。LPは能動的且つ特定のターゲット層にリーチする可能性を高めてくれます。是非この機会に活用してみては如何でしょうか。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事