人気記事
実際の現場で頻出!覚えておきたいWEBマーケティング用語

こんにちは、youtaです。

突然ですが、皆さんはWEBマーケティングについてどのような印象を抱いていますか?

 

近年、WEB系の職業がSNSやYouTubeの後押しもあって人気となりつつあることはなんとなく皆さんも感じているのではないでしょうか?

 

場所や時間を選ばない働き方の代表格として、WEBデザイナーやWEBエンジニア、動画編集者が取り上げられ、その業界の伸びといっしよにWEBマーケティングの重要性が向上していっているのかなと私は思います。

 

このWEBマーケティングですが、実際に仕事として行うとなるとやらなければならないことは多岐にわたります。

 

今日の記事では、WEB系の職業の方、WEBマーケティングに興味のある方、必見の『覚えておきたいマーケティング用語』について解説していきます。

 

業務内容についてはこちらに詳しく解説しているのでよければご覧ください。

未経験からフリーのWebマーケターになる方法を解説(再現性あり)

WEBマーケティングの基本用語

1.SEO

 

SEOとは、(Search Engine Optimization)の略で、検索エンジン最適化のことを指します。

 

検索エンジンの検索結果に上位表示させる為、サイト内の情報やサイトの構造をGoogleやYahoo!といった検索エンジンのアルゴリズムに合わせて最適化させていく技術です。

 

集客(マーケティング)を行う上で一つの柱となるWEBページや企業メディアをターゲットのユーザーに合わせて組み立てていきます。

2.MEO

 

MEOとは、(Map Engine Optimization)の略で、ローカルSEOとも言われ、地域に根付いたビジネスや店舗ビジネスにて大いに影響を与えています。

 

近年、多くのビジネスオーナーから注目を寄せられているマーケティング手法の一つです。

 

最適化に向けて、Googleビジネスツールをしっかりと運用する必要するがある為、勉強をしておくと今後生きてくる分野です。

3.PV 

 

PVとは、ページビューの略でサイト訪問者が実際にサイト内でページにアクセスした数を指します。

 

マーケティングにおいて、基本中の基本ですが、pvを獲得することが基本的には全てのマーケティング活動において一番重要です。

 

このPVを獲得する為の手法にSEOやMEO、SNSマーケティングなどがあります。

4.CTR

 

CTRとは、クリック率を指す用語です。

 

PV(表示回数)に対して、どのくらいのクリックがあったのかを示す割合となります。

 

PVと共にWEBマーケティングでは重要な指標となっています。WEBページのコンテンツやユーザビリティの改善などを行い、クリック率を増加させていきます。

5.CVR

 

CVRとは、コンバージョン(成約)率を指す言葉です。

 

商品やサービスに興味を持って、クリックしたユーザーがどのくらいの割合で実際に成約に至ったかを示す割合です。

 

マーケティング業界では、PVやCTRと並んで重要な数値で、

PV✖️CTR✖️CVRの値を最大化させることが一つのゴールとなります。

6.CPC

 

CPCとは、Cost Per Clickの略でクリック単価のことを指します。

 

一般にはあまり馴染みのない言葉ですが、簡単に言えば広告を一度クリックした際に発生する費用のことを指します。

 

こちらは課金型広告といって代表的なものにリスティング広告などが挙げられます。

7.CPA

 

CPAは、Cost Per Acquisitionの略で顧客獲得単価のことを指します。

 

30万円分の広告費を打って、10名の顧客を獲得した場合のCPAは3万円となります。

 

基本的にこのCPAの値が低いほど良いとされ、このCPAの数値をみて広告予算を決めたり、商品をの値段を決めたりすることが可能です。

8.セッション

 

セッションとは、ユーザーがWEBサイトにアクセスしてから離脱するまでに行う一連の行動を指します。

 

データを分析する際に実際にユーザーがどのように行動しているのかを指し示す数値となるので、コンテンツの見直しやサイト内の設計などを見直すために利用していきます。

9.インプレッション

 

インプレッションとは、コンテンツが表示された回数のことを指す数値です。

 

PVとは異なる概念なので注意しましょう。

 

あくまでもユーザーに表示された回数なので、どの程度の人数に表示されたのかは関係ありません。

 

この値は、コンテンツが検索エンジンやSNSのアルゴリズムに認められているかなどを見極める時に使用します。

10.オーガニック(自然検索流入)

 

オーガニックとは、広告やSNSを使わないWEBページやLPへの流入数のことを指します。

一般にSEO対策ではこの値を伸ばすことを目標としています。

WEBマーケティングの応用用語

1.Google ビジネスツール

 

Googleビジネスツールは、ChromeやGmail、アナリティクスやサーチコンソールに代表されるようなGoogle社が提供しているツールの総称となります。

 

現代では、ビジネスに欠かせないツールとなっており、Googleをマーケティングに活かすための資格や正しいデータ分析をする為の方法まで様々な形で私たちのビジネスや生活を支えています。

 

マーケティング資格に詳しくなりたい方はこちら

マーケティングに資格は必要!?おすすめ資格10選

2.ブランディング

 

ブランディングは、昔からマーケティングや商品販促の領域でよく使われる言葉です。

 

意味はその名の通り、商品やサービスを『磨き上げること』近年では、SNSを利用したり、YouTubeを利用するケースが増えています。

 

ちなみにブランディングを成功させるのってめちゃくちゃ難しいです。私も苦労している分野です笑笑

3.ランディングページ最適化

 

ランディングページ最適化は、別名LPOと呼ばれ、主に企業が出しているランディングページを分析し、最適化させていく技術です。

 

ユーザーに与える印象や上記で言及しているクリック率(CTR)は、中のコンテンツによって大きく左右される為、文言の配置や画像の選択や改善を繰り返し行なっていきます。

4.エンゲージメント

 

マーケティングにおけるエンゲージメントとは、基本的に顧客との関係や顧客からの愛着度を指す言葉です。

 

顧客との良好な関係を構築することが継続的にビジネスを成功させる為の重要度といえます。

 

エンゲージメントを高めていく方法は、無数にありますが、根底にはユーザーファーストの精神が根強いファンを形作ります。

5.カスタマージャーニー

 

カスタマージャーニーとは、顧客が商品を知ってからの購入までの流れを言語化、または想像したものとなります。

 

集客からユーザーの行動、実際の購入、リピートまでを徹底的に明らかにし、最適な施策を行う為に製作します。

6.UI/UX

 

UI/UXとは、(ユーザーインターフェイス・ユーザーエクスペリエンス)の略で、ユーザーの使い勝手やユーザーが体験する印象などを指す用語です。

 

近年のWEBサイトでは、このUI/UXが重要視されており、対策ができるマーケターやデザイナーの市場価値はどんどん上がっています。

7.KPI(Key  Performance indicator)

 

KPIとは、Key Performance Indicatorの略で目的達成に必要な過程の達成度等をさす言葉です。

 

正式には「重要業績評価指数」と呼ばれています。

 

ビジネスの状況を具体化し、その後の戦略策定へ役立てていきます。

8.直帰率

 

直帰率とは、ユーザーがWEBページやランディングページを訪れて、直接帰ってしまう割合のことを指します。

 

基本的にこの割合は低い方が良いとされており、サイトの回遊率ををあげていくことがユーザーとのエンゲージメントを高める良き方法となっています。

9.CRM

 

CRMとは、「Customer Relationship Management」の略で顧客との関係作りを適切に行なっていくことを指す用語です。

 

エンゲージメントと同じような意味ではありますが、このCRMはさらに広義的な意味で顧客を管理するツールやマネージメント方法全般を含みます。

10.SMM

 

SMMとは、(Social Media Marketing)の略称で、SNSを使ったマーケティング、全体の総称です。

 

TwitterやInstagramをはじめとするSNSを利用して、商品やサービスのブランディングを行なっていきます。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事