人気記事
【知らないと効果が80%も減少する!?】SNS広告の注意点を解説!

 

今やネット集客には欠かせない存在となったSNS広告。

SNS広告を使った集客で大きな成果を上げている企業が増えている一方で、効果を出せずに挫折する企業が急増しています。

 

それはなぜなのか?

 

SNS広告には知らないと効果が激減してしまうような重要な注意点がいくつもあります。

今回はその中でも最も重要な3つの注意点を、改善策や事例を交えて解説していきます。

 

SNS広告のメリット

 

SNS広告ではメリットとデメリットが表裏一体になっていることが非常に多いです。

そのためSNS広告で注意しなければいけないことを解説する前に、まずはSNS広告にはどんなメリットがあるのか知っておく必要があります。

 

精細なターゲティングができる

 

SNS広告を活用する最大のメリットともいえるのが、ターゲティングの精細さです。

 

SNS広告はターゲットとするユーザーの属性を細かく正確に絞ることができます。

それによって訴求内容にマッチするユーザーに効率的に広告を表示させることができます。

SNSは非常に多くの人が利用しているため、ターゲティングの正確さはとても重要です。

 

低コストから始められる

 

SNS広告は安価な費用から始めることができます。

これは広告費にあまりコストをかけることができない中小企業や、単価の低い商品やサービスを宣伝するうえではとても重要です。

 

今までSNS広告を使ったことがなくても、安価から徐々に試験的な運用もできます。

 

認知度を大きく向上させることができる

 

SNS広告は非常に拡散力に優れています

いいねやリツイートなどで拡散され、想定以上の効果をもたらしてくれることも珍しくありません。

 

ユーザーにうまく自社の魅力を伝えることができれば、フォローなどでファンになってもらうこともできます。

マーケティングにおいて認知度を上げることは非常に重要なことなので、そこに強みのあるSNS広告が伸びているのも理解できます。

 

メリットの裏に隠されたSNS広告の落とし穴

 

ここまで説明してきた通り、SNS広告には非常に強力なメリットがたくさんあります。

しかし、そんなSNS広告のメリットには落とし穴とも呼べる大きな注意点があります。

 

SNS広告では、これを知っていないとほとんど効果が出なくなることもあるその落とし穴について解説していきます。

 

ターゲティングの落とし穴

 

SNS広告は精細なターゲティングができることがメリットだと解説しました。

しかし、ターゲティングが精細にできるが故の大きな落とし穴があります。

 

ターゲティングと一口に言っても、自社の商品やサービスに合ったユーザーの属性を分析することは簡単なことではありません。

SNS広告ではこの分析を怠ると大きな失敗につながります。

 

ターゲティングが細かく正確にできるがゆえに、少しでも外れた属性のユーザーにターゲティングしてしまうと効果が激減してしまいます

 

低コストの落とし穴

 

SNS広告は低コストで始められる反面、低コストでの運用で効果を出すのには高いレベルの技術と知識が必要になってきます。

 

ターゲティングが完璧であれば低コストでも効果を出すことは可能ですが、扱うジャンルやユーザーの属性などによってはうまくいかない場合もあります。

商品やサービスの単価によって最適な広告費用は変わるため、ただ低コストで運用できるからと言って少ない費用で始めることが最適なわけではありません

 

こういった様々な要素を鑑みて運用できなければ、望んでいるような効果は期待できないでしょう。

 

認知度の落とし穴

 

認知度の向上はビジネスにおいて重要ですが、SNS広告で認知度を向上させる際に注意すべきことがあります。

それは、認知度とコンバージョンを同時に獲得するのは非常に難しいということです。

 

マーケティングにおいて認知度を向上させるフェーズとコンバージョンをとるフェーズは分かれています。

つまり、本来は違う段階で別々に施策を講じる必要があるものということです。

 

もちろん例外はありますが、基本的に同時に効果を出そうとすると失敗に終わることが多いです。

 

SNS広告で効果を出すために重要なこと

 

SNS広告にはメリットに隠された落とし穴があるというお話をしましたが、もちろん対策すれば効果を出すことができます。

ここからは、効果を出すためにどのようなことを実践していけばいいのかを解説していきます。

 

ターゲティングは分析が命

 

SNS広告で効果を出していくうえで、ターゲティングは最も重要な要素です。

ターゲティングを間違えば、ほかのすべての工程が完璧だったとしても失敗してしまうこともあるほど重要です。

逆に言えば、ターゲティングがうまくいけばSNS広告はほとんどうまくいくということでもあります。

それほどに、SNS広告でのターゲティングは重要な役割を担っているのです。

 

では、SNS広告における具体的なターゲット分析の考え方や重要なポイントを解説していきます。

 

戦略的ターゲット設定 「6R」

 

一般的なマーケティングにおける戦略的なターゲット設定のフレームワークに、「6R」というものがあります。

 

1.   Realistic Scale …市場規模は適切か

2.Rate of Growth …成長は見込めるか

3.Rank/Ripple Effect …顧客の優先順位と波及効果は高いか

4.Reach …顧客には到達できるか

5.Rival …競合は激しくないか

6.Response …反応は測定可能か

 

SNS広告においてこの中で最も重要なのはです。

 

3は提供する商品やサービスの優先度や関心が顧客にとって高いかどうかを考えるということです。

優先度や関心が顧客にとって高いものは、SNSで拡散されることによるまわりの顧客に対する波及効果が期待できるからです。

 

5はその名の通り競合の強さや市場の価値を考えるということです。

一般に、競合他社が市場ですでに大きな地位を占めている場合には、市場の魅力は低いでしょう。

あまり競合の激しくない市場で自社をうまく差別化することができれば、SNS広告でも十分に効果を出すことができるでしょう。

 

重要なのは安さではなくコスパ

 

SNS広告がいくら安い費用で使えるからと言っても、効果が出なければ何の意味もありません。

あくまでも最大限効果を引き出せる最小限の費用考えていく必要があります。

これは商品やサービスの単価や競合の強さなどによって変わりますが、共通して言えることは、あらゆる要素を完璧に近い状態に持っていくことが重要ということです。

 

他の広告媒体では、広告費がSNS広告に比べて高い代わりに、ある程度大雑把にたくさんの人に届くように設計されています。

それに対しSNS広告は、細かいところまで設定できる代わりに、その細かく設定した特定の限られたユーザーに的を絞ることで費用の負担を軽減させています。

これをうまく生かすためには、最大限効果を発揮するターゲット設定や訴求内容が必要です。

 

SNS広告で最も考えるべきは、いかにターゲットのユーザーに刺さる広告内容にできるかです。

万人受けを狙うのではなく、ターゲットのユーザーに対して真摯に向き合うことが大事です。

 

ファンを顧客に変える仕組みが必要

 

SNS広告をうまく利用して認知を拡大できたとしても、知っているだけでは意味がありません。

せっかく知られているなら、そのユーザーとコミュニケーションをとって購買意欲を高めていく必要があります。

 

近年最も主流となっているのが、ラインの友達登録に誘導するという方法です。

SNS広告を通じて認知を広げ、ラインへ誘導し、ライン上で様々な情報発信などを通じて購買意欲を高めて商品を買ってもらう。

こういったファンを顧客に変える仕組みがあってこそ、SNS広告は最大の効果を発揮します。

 

まとめ

 

今回はSNS広告のメリットに隠された落とし穴と、その解決策について解説しました。

これからSNS広告を利用しようとしている方、すでに利用しているが効果の出ない方はこの記事を読み返しながら実践していってください。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事