人気記事
SNS広告とは?基本的な仕組みや特徴・メリットなどを解説

 

 

SNS広告は近年急激に勢いを伸ばしています。

SNS広告がそこまで注目される理由はどこにあるのでしょうか。

 

今回はそんなSNS広告とはいったい何なのかに加え、メリットや事例を交えて解説していきます。

 

SNS広告とは?

 

SNS広告とはその名の通り、SNS(Social Network Services)上でユーザーに表示させる広告のことを言います。

SNS広告とまとめられてはいますが、SNSの種類はとても多く、SNSによって様々な広告のカタチがあります。

 

まずはSNS広告の仕組みと種類について解説していきます。

 

SNS広告の仕組み

 

SNS広告の仕組みはそこまで複雑なものではありません。

 

①SNS広告の選定

 

まずは自社の商品やサービスに合ったSNS広告を選ぶところから始まります。

SNSにはテキストベースでタイムライン形式のもの、画像メインのもの、動画や音声がメインのものなど様々なものがあります。

それらの中から、自社の商品やサービスの魅力が最も伝わる形式のSNSを選びましょう。

 

②ターゲット選定

 

SNS広告の種類が決まったら、次はターゲット選定に入ります。

SNS広告の最大の利点ともいわれるのが、ターゲット選定の細かさです。

SNS広告は他の広告媒体よりも圧倒的にターゲット選定を細かく行うことができます

 

③SNSユーザーの画面上に広告を表示させる

 

ターゲット選定が終われば、あとは実際に広告を表示させます。

表示された広告は、広告を見たユーザーがクリックすることでホームページやECサイトに訪れてもらうことができます。

SNS広告の種類によっては、ユーザーにシェアされることによって拡散されるものもあります。

 

 

会社や商品の認知・購入につながる

 

このような流れがSNS広告のおおまかな仕組みです。

 

SNS広告の種類

先ほど仕組みの1番目にも説明しましたが、SNS広告には様々な種類があります。

それぞれに特徴があり、それぞれに強みがあります。

 

Twitter

 

SNS広告の中では最も拡散性と流動性の高いSNSです。

画像や動画も載せることができますが、基本的にはテキストベースのSNSです。

 

タイムライン形式のため簡単に投稿が流れてしまうので、ユーザーの目に留まるための工夫が必要です。

その代わりに拡散力に優れているので、うまくユーザーの目に留まれば拡散してもらうことで期待以上の成果が上がる可能性もあります。

 

Instagram

 

Instagramは画像がメインのSNSです。

テキストなどで説明するよりも写真や画像などで見せることでより魅力が伝わりやすい商品などに向いています

 

特に若い女性がお店や商品の検索をするのに使われていることが注目されていて、そんなトレンドとうまくマッチした広告がうてれば効果はかなり期待できます。

 

TikTok

 

近年急激に勢いを伸ばしている動画がメインのSNSです。

 

TikTokをはじめとして、YouTubeショートやInstagramのリール投稿などのいわゆる「ショート動画」が非常に注目されています

1分前後の短い動画でどこまでユーザーの心をつかむことができるかがカギになります。

 

SNS広告の特徴

 

SNS広告には他の広告媒体と違ったどんな特徴があるのでしょうか。

ここからはSNS広告の三つの特徴について解説していきます。

 

ターゲティングが正確にできる

SNS広告の特徴としてまず第一に挙げられるのが「ターゲティングの正確さ」です。

 

SNS広告はユーザーの属性をかなり細かく絞ることができます。

それによって、自社のブランドや商品にマッチしたユーザーだけに無駄なく広告を表示させることができます。

ターゲティングを正確にできることで、広告の効果を高めると同時に無駄な広告費を抑えることもできます。

 

しかしその一方で、ターゲティングを正確にできる分しっかりとマッチするユーザー層を分析する必要があります。

自社のブランドや商品とマッチしないユーザーにだけ表示させることになれば、ほとんど効果が出ないからです。

 

会社や商品の認知拡大とファンの獲得ができる

 

SNS広告の特徴として最もユニークなのが、ファンの獲得につながるという点です。

 

SNS広告でターゲットにするユーザーにまずは自分たちの存在を認知してもらいます。

そこから興味を持ったユーザーが自社やブランドのアカウントをフォローしてくれることによって、より自社に興味・関心を持ったファンを獲得することができます。

 

獲得したファンとこまめにコミュニケーションをとり、有益な情報を発信していくことでファンは顧客へと変わっていきます

 

潜在的な顧客にもアプローチできる

 

SNS広告はターゲティングが正確にできるおかげで、自社のブランドや商品とマッチしているけれどまだ認知していない「潜在顧客」にアプローチすることができます。

 

知っているけどまだ購入はしていないユーザーだけでなく、まだ自分たちを認知していないけれど競合他社の商品は購入しているユーザーなどにアプローチすることもできます。

こういったまだ我々が把握していないだけで、でも確実に存在する潜在顧客にアプローチできるのはSNS広告だからこその特徴だといえます。

 

SNS広告のメリット

 

SNS広告には他の広告媒体にはないメリットがいくつもあります。

そんな数あるメリットの中から三つを解説していきます。

 

安価な費用で始められる

 

SNS広告を使う大きなメリットの一つに安価でもはじめられることが挙げられます。

正確には、安価でもしっかり運用すれば効果を出すことができるということです。

 

SNS広告はターゲティングが正確に行えるため、高額な広告費を投じてたくさんの人に広告を表示させなくても効果がしっかり出ます。

そのため、SNS広告は特に個人や中小企業には必須ともいえるでしょう。

 

広くリーチできる拡散力

SNS広告のメリットとして拡散力も大きいです。

ただ一方的にユーザーが広告から情報を受け取るだけでなく、ユーザー側もいいねやフォローなどの能動的なアクションが行えます

 

それによって期待できるのが、そういったユーザーのアクションによる拡散です。

拡散されればより大きな効果が期待できます。

 

SNS広告はターゲティングなどに加えて、いかにしてユーザーにアクション、拡散してもらえるかも重要なポイントになります。

 

若い世代への効果が絶大

 

SNS広告はユーザーの年齢層に特徴があります。

もちろんSNSの種類によって差はありますが、どのSNSにも共通しているのが若年層が多いことです。

 

基本的にどのSNSも若い世代を中心に広がる傾向にあり、その中でもInstagramは若い女性の間ではGoogleやYahoo!に続く検索エンジンとしての役割も果たしています。

お店や商品を探すのに、Google検索ではなくInstagramで検索する女性が増えています。

 

そういった若い年齢層にうまく注目をしてもらえるような工夫があれば、かなりの効果が期待できます。

 

しかしその反面、まだまだ高齢者などの利用者数は多くなく、取り扱う商材が高齢者向けの場合あまり効果を発揮しないこともあります。

SNS広告は強力な反面、しっかりとSNS広告の性質にマッチしたターゲティングをしなければいけません。

 

まとめ

 

今回はSNS広告とは何か、特徴やメリットについて解説しましたがいかがだったでしょうか。

SNS広告について少しでも理解が深まれば幸いです。

 

SNS広告の利用を検討している方は、この記事を何度も読み返しながら事業を成功に導いてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事