人気記事
【Shopify】デザインの極意


Shopifyは、175カ国の50万以上のEコマースビジネスをサポートしています。

2012年以降、Shopifyプラットフォームの加盟店数は毎年平均74%増加しており、これらの加盟店は550億ドル以上の売上を達成しています。

これは、Shopifyが今日最もよく知られた、最も使いやすいEコマースプラットフォームの1つであると言えるからでしょう。

ドメインなど、すべてのバックエンド、そして一部のフロントエンド機能をShopifyが担当することで、より多くの時間、資金、リソースをUXデザインに費やすことができます。

2021年までに、世界中のEコマースの売上は4.9兆ドルに達すると予想されており、Eコマース業界は現代社会において無くてはならないものになっています。

この記事では、Shopifyのデザインにおける重要な点をご紹介します。

Shopifyにはどんな機能があるのか


Shopifyのベーシックプランの基本機能として以下のものが挙げられます。これらの機能はすべてのプランで利用できます。

マルチチャネルプラットフォーム

Shopifyは以下のチャネルとの連携に対応しているため各チャネルで自分の商品を販売することが可能です。

つまり自分が所有するプラットホームを網目状に広げることが可能であると言えるでしょう。

この事によって商品がより顧客の目に届く機会を増やす事ができます。

・オンラインストア
・Facebook
・Instagram
・Amazon
・購入ボタン
・Pinterest
・Google Shopping

Shopifyアプリストアに追加された外部サービスを利用することで、その他の販売チャネルの開設も可能です。

・在庫管理

在庫追跡の設定、在庫の表示、在庫数の調整を行います。

・越境ECのへの対応

多言語・他通貨設定に対応しており、越境ECサイト構築をスムーズにします。

・ストア分析

サイトの流入データと購買データをまとめて確認できます。

・100種類以上のテンプレートを用意

Shopifyは100種類以上のカスタマイズ可能なテンプレートを用意しています。
※現在無料で使えるテンプレートは、8種類となっています。

・Shopify POSを搭載

Shopify POS(Point of sale)を利用して、オフラインでの商品販売ができます。

結論:ShopifyをECサイトのプラットフォームに利用する際の大きな強みとして挙げられる6項目

  1. アプリが豊富で拡張性が高い
  2. 低コストでECサイトの運用が始められる
  3. サイトの構築や更新が簡単
  4. 越境ECに対応
  5. APIによるシステム連携で業務効率化を実現
  6. クラウド型(SaaS型)サービスで最新システムが利用できる

 

これらのサービスをドメインを持つ事なく利用できる点がShopify最大の魅力と言えるでしょう。

これらの機能を前提に実際にShopifyを実装する際の重要な点についてご紹介します。

 

eコマースにおける商品発見の促進

実店舗では、お客様が店員に尋ねれば特定の商品を見つけられるように、部門ごとに整理されているのと同様に、

オンラインショップでもお客様が探している商品を簡単かつ迅速に見つけられるように、閲覧、フィルタリング、検索の機能が必要です。

40%の閲覧者は、ロードに3秒以上かかるWebサイトからブラウザバックしており、商品を見つけることに関して、お客様がいかにせっかちであるかを示しています。

幸運なことに、Shopifyには、カスタムナビゲーションの構築、商品やカテゴリーの整理、検索機能の実装を容易にする多くの機能があります。

カスタムナビゲーション

お客様に提示する選択肢が多すぎると、分析麻痺を引き起こす可能性があります(利用可能な選択肢が多すぎて、効果的な意思決定ができない場合、フラストレーションや放棄につながります)。

カスタムナビゲーションを設計することで、例えば、デスク製品が最も人気がある場合は「デスク」コレクションを視覚的に表示するなど、最も効果的にコンバージョンする製品や「コレクション」を優先的に表示することができます。

これらのカスタムナビゲーションは、Shopify CMSで編集することができ、気軽にA/Bテストを行うことができます。

視覚的に言えば、最もコンバージョンの高いShopifyテーマは、コレクションのタイトルを明確に表示し、十分なスペースを使って、ユーザーが提供されているすべての製品、コレクション、ページの中から探しているものを簡単に識別できるようにしています。

コレクション

コレクションとは、似たような商品を集めて整理したものです。

商品は手動でコレクションに分類することもできますし、一致した基準(例えば、商品タイトルに特定のキーワードが含まれている場合、特定のタグが割り当てられている場合、特定の価格帯に含まれている場合など)に基づいて自動的に分類することもできます。

また、コレクションは一時的なもの(季節や期間限定のセールなど)もあり、Shopifyのウェブサイトデザインが常に適切でタイムリーなものとなり、そして何よりも高いコンバージョン率を実現します。

これらのコレクションは舞台裏で定義されていますが、EコマースデザイナーがShopify用にデザインする際には、この機能を知っておくと便利です。

Shopifyのデザイン構築の際の重要な点3点

Shopifyを実装する上で大きく分けて三つの重要な点をご紹介します。

検索欄のUI・UX

検索機能は、自分が探しているものを正確に知っているお客様にとって便利です。

また、モバイルデバイスでの操作が自然にできないために、ブラウジングやフィルタリングにイライラしているモバイルショッパーにとっては特に重要です。

以下が、検索機能を設計する際に考慮すべきShopifyのベストプラクティスです。

・検索ボックスを隠すのではなく、すぐに利用できるようにすることで摩擦を減らす。
・顧客が期待する場所に検索を配置する(例:右上や中央)。
・検索アイコンだけでなく、入力ボックス全体を表示する。
・オートコンプリート機能を搭載し、ユーザーがより早く検索できるようにする。
・検索結果の候補やオートコレクト機能を利用して、ヒューマンエラーを防ぐ。
・Shopifyにおける商品ページの見易さを意識したデザイン

Shopifyは、オンラインストア上の閲覧者を魅了し、ユーザーを購入に導くまでスムーズに移行させるために必要なすべての機能を提供しています。

魅力的な商品画像を使う

良いEコマースサイトの条件は、ユーザーの感情を惹きつける画像です。

そのために、Shopifyでは複数の画像や製品バリエーションをアップロードすることができます。

しかし、Shopifyのベストプラクティスとして、少なくとも1つの商品画像をインスケール(商品の大きさを示すために他のオブジェクトに囲まれている状態)で表示し、期待感を持たせましょう

。お客様は、商品を購入する前に、その商品を徹底的に調査したいと考えていますので、すべての商品画像が鮮明で、高画質で、ズーム可能であることを確認してください。

分かりやすい商品情報の表示

実際のコストに関する情報が不足しているためにショッピングカートを放棄するEコマースのユーザーは驚くほど多いです。

60%のお客様がカートを放棄する理由として、予想外のコスト(送料、税金、手数料など)を挙げており、23%が前もって総コストを計算できないと回答しています。

透明性の欠如は、Eコマースサイトのコンバージョンを低下させる原因になってしまいます。

結論

如何でしたでしょうか。

今回はShopifyを実装する際の重要な点についてご紹介しました。

Shopifyは現代社会の物販ビジネスに革新を起こしていると言えるでしょう。オンラインにおける顧客とのやりとりを工夫することで、ビジネスを成功させる要因となること間違いないでしょう。

これらの点を意識して皆さんもShopifyで物販ビジネスを始めてみるのは如何でしょうか。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料体験】おうちで月収5万UPを目指すならSHElikes
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
WEBデザインやライティング、マーケティングなど
PC一つで働ける27の職種が学び放題!
未経験者向けWEBスクールで学んで、
好きな時に好きな場所で働きませんか?
▼詳細はこちら
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HP3RR+98TBXU+4MYA+5YZ77
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事