人気記事
マインドセットとは?組織や個人の成長を加速させる方法
Mindset concept ,Silhouette man jumping from failure to success wording on cliff with cloud sky and sunlight.

マインドセットとは

mindset word combined on vintage varnished wooden surface

マインドセット

皆さん一度は聞いたことのある言葉でしょう。

基本的な意味としては、生まれ育った環境や教育的背景など様々な要因から生み出される物事の見方、考え方のことを言います。

信念や価値観、思い込みなどもマインドセットの一種です。

つまり、マインドセットとは方法や手段ではなく、考え方や思考傾向などの名称なのです。

 

そんなマインドセットですが、近年組織から個人に至るまで、成長していくうえで重要な存在であることが急速に認知され始め、耳にする回数はさらに増えているはずです。

しかし、マインドセットという言葉の認知度とは裏腹に、実際の内容を正しく理解している人はまだかなり少ないようです。

なので今回は、そんなマインドセットについて詳しく解説するとともに、具体的な方法なども解説していきたいと思います。

 

「成長マインドセット」と「固定マインドセット」

 

マインドセットには、成長マインドセット固定マインドセットの二種類があります。

成長マインドセットとは、能力は自分の努力や経験次第で成長していけるというポジティブなマインドセットで、挑戦や失敗を恐れず常に学びを得ようという傾向があります。

固定マインドセットは、能力とは常に一定で努力によって成長することはないというネガティブなマインドセットで、挑戦や努力をせず失敗を恐れる傾向にあります。

 

また、マインドセットには「個人のマインドセット」と「企業のマインドセット」もあります。

個人のマインドセットは、個人の経験や教育、価値観をもとに形成されるマインドセットで、企業のマインドセットは、企業理念や経営戦略、社風、社内規定などをもとに形成されるマインドセットです。

 

マインドセットにおいて、成長か固定のどちらかしか持っていないというわけではなく、個人では、好きなスポーツには積極的に挑戦する成長マインドセットだが、嫌いなスポーツに対しては消極的な固定マインドセットになるといったような感じです。

これはもちろん企業も同じで、例えば新しい制度を導入しようとなった時に、「わが社は新しいことに積極的だ、ほかにも良いものはないか模索してみよう」、「前例のないことに挑戦するなんて無謀だ、そんなことをしても意味がない」など、企業の社風などによっても様々なマインドセットがあります。

 

マインドセットの目的と必要性

 

なぜマインドセットが必要なのかというと、企業や個人の成長のスピードに大きく関係しているからです。

企業、個人どちらにおいても、しっかりと成長マインドセットを定着させておくことでより速いスピードで成長していくことができます。

 

また、現代社会はビジネスにおける将来の予測が非常に困難なほどに急速な変化を遂げています。

そんな現代の変化に対応していくために、それぞれが自ら挑戦し、学び、努力していくことが必要不可欠です。

それを実現させるのにマインドセットが必要なのです。

 

マインドセットにおいて重要なこと

Word writing text Change Your Mindset. Business photo showcasing replace your beliefs way of thinking mental path Stationary placed next to a cup of black coffee above the wooden table

ここまではマインドセットとはいったい何なのかを詳しく解説してきましたが、最後に二つほど実際にマインドセットしていくうえで重要なことがあるので、それを解説していきたいと思います。

 

結果にとらわれず「過程」を重視する

 

成長マインドセットを身に着けさせるには、結果だけに目を向けて褒めたり叱ったりするのではなく、その結果にたどり着くまでの様々な過程や努力を評価してあげることが非常に重要です。

仮に結果だけを重視してしまうと、うまくいったときはポジティブで成長マインドセットでいられるが、失敗すると、また次に失敗することが怖くなり、ネガティブな固定マインドセットになってしまいます。

そうならないためには、結果よりもその結果に至るための過程として行った戦略や学習などを評価してあげることが大事です。

そうすることで、成功か失敗かにかかわらずそこで得た経験や努力にフォーカスして、試行錯誤を重ねて成長していくマインドセットにすることができます。

また結果にとらわれすぎなくなるため、失敗を恐れず挑戦的なマインドセットになるでしょう。

 

人のマインドセットは常に変わることがある

 

忘れてはいけないのは、前述したとおり人のマインドセットは成長マインドセットと固定マインドセットのどちらか一方ではなく、両方持っています

なので、人はいつどこでどんなことがきっかけでマインドセットが切り替わるかもしれません

重要なのは一度や二度の研修やトレーニングで完全にマインドセットを身に着けることではなく、常にマインドセットは変わる可能性があるということをしっかり把握したうえで、「成長マインドセットに切り替えるきっかけ」を常に用意し与えてあげることがとても重要です。

こういったことを意識してマネジメントしていくことで、将来的にはそれぞれが自分のチカラでそのきっかけを用意することができるようになります。

 

最後に

 

今回はマインドセットについてでしたがいかがだったでしょうか。

あえて人に教えることを前提にしたような書き方にしたのは、自分のマインドセットにおいても他人をトレーニングするような客観的な視点が必要だからです。

この記事が少しでも皆さんの役に立てばうれしいです。

 

 

村上てるまさ(@makemon_teru)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事