人気記事
急成長!? 今後のドローンビジネス 

こんにちは!阿久津です

皆さんドローンが必須になる時代がもう目の前まで来ていることにお気づきでしょうか?

まずは、こちらをご覧ください

こちらは、インプレス総合研究所が発表しているドローン市場の規模です。

上のグラフからわかるように2019年度に1409億円の国内ドローン市場は2020年度に1932億円

2025年度には6427億円に達するといわれています。2019年度から考えると約4.6倍にもなります。潜在的な市場価値は国内のみで1兆円とも言われており、急速な成長を果たす市場ともいわれています。

では、どのようなビジネスでドローン市場は成長していくのでしょうか。

今回は5つご紹介いたします。

物流

現在の物流分野における課題点は、配送に従事するドライバーの不足の深刻化です。

少子高齢化に加え長時間労働・賃金の安さといった労働条件がハードルとなっておりドライバーの確保が大変難しくなっております。

また、コロナ化で在宅の人が増加し、ECサイトの利用率が上がったこともドライバー不足に関係しているといえるでしょう。

この課題点を克服するのがドローンです。

中国を筆頭に世界各国ではドローン物流が進んでいます。

物流大手のAmazonも2020年に米連邦航空局からドローンを使った配送サービス「プライムエアー」の商用化に必要な認可を取得しており、「空の物流革命」が現実化しようとしています。

日本でも佐賀県の多久市などでは、ドローンで薬を運んだりする実験が行われています。

今後もドローン物流に期待です。

 

インフラ・建設現場

2016年~2020年で最も普及が進んだのがインフラや建設現場での点検分野といってもよいでしょう。

インフラや建設現場での点検は高所など危険を伴う作業が多いため、現場の人員を危険にさらすことなく点検やメンテナンスを行うことができるドローン導入の有能性が認められました。

また、現場の進歩状況やデータ収集が肝心の測量・建築・土木分野では人件費の高騰が問題視されているためコストダウンのためにドローンが活用されています。

橋やダムなど大規模な建造物には多くの時間を費やしてしまいます。時間短縮のためのもドローンは使われます。

以上のことより、人間が点検するよりもメリットがたくさんあります。

点検作業の中でも壁の点検で急拡大されると思います。高いところの壁は足場を組まなければなりません。

しかしドローンならその場で飛んで点検してくれます。

壁の点検をする方はドローンをお勧めします。

空撮

現在、ドローンがビジネスに活用されている事例が最も多いのが映像・エンタメ業界です。

今までは、空撮映像はヘリコプターを使い高い費用をかけて撮影していました。

しかし、ドローンの登場により大幅なコストダウン・小回りの利くクオリティの高い空撮映像の撮影が可能となりました。

ドローンの登場は今までにはなかった空からの映像を撮影しインパクトを与えました。映像分野における革命といえるでしょう。

皆さんも最近は当たり前のように映画やテレビ・YouTubeなど様々なジャンルでドローンの映像を楽しむことができるようになりました。

2020東京オリンピックの開会式では1824台ものドローンが空中パフォーマンスを行いました。

今後もドローンによるショーなどによりエンタメ業界や映像業界に莫大なインパクトを与えるでしょう。

セキュリティ

ドローンは近年、防犯監視分野でも注目されており、警備員を代替するような働きが期待されています。

警備業界も人で不足が問題となっており、ドローンによる警備が可能な領域が少しでも多く誕生し、警備員の長時間労働の改善に期待がかかります。

巡回にかかる時間の短縮化するといった点でもドローン導入には期待されています。

世界ではすでに、商業施設でのドローン警備や新型コロナウイルスでのロックダウンの町に外出している人を取り締まるためにもドローンが活用されています。

しかし、屋外では天候に左右されるなど課題点も多くあるのが現状です。

農業

農薬散布、土壌調査、発育状況監視などにドローンが活用される機会が増えており、サービス市場における分野別市場規模を見ると、もともと農業分野が他分野より群を抜いて高い普及率を記録しています。

農地の多いエリアでは規模の縛りが少なく、ドローンを導入しやすいことが理由とされています。

小型ヘリコプターでの農薬散布に比べるとはるかにコストが下がり人手不足の農家にとっては非常に有用性が高く今後も農業市場によるドローンの普及は伸びていくとされています。

まとめ

いかがだったでしょう。

今後のドローンを使ったビジネスの一部をご紹介しました。

ドローンは空撮だけでなく、セキュリティーや農業・物流といった様々な分野で活躍しています。今後は空飛ぶタクシーとして人を乗せて空を飛ぶかもしれません。

又は、皆さまが新しいドローンの活用方法を作り出すかもしれません。

ドローンの成長は無限大で、今後さらなる市場の拡大が予想されていることがわかりました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事