人気記事
【未経験者必見!】Webデザイン解体新書

「クリエイティブな仕事」にどのようなものが挙げられるでしょうか。

 

具体的に何をすれば良いか分からない人が多いように感じます。

そういった方は、Webデザインの学習をおすすめします。どんな職業に就いたとしても、Webデザイナーのスキルは無駄にならないどころか、人生をより豊かにしてくれるからです。

 

この記事では、Webデザイナーのスキルが人生に役立つ理由を、5つのポイントに沿ってお伝えします。

 

1. Webデザイナーの本質

Webデザイナーとは、その名の通り、Webサイトのデザインを生業としている人のことです。

 

クライアントが求めるWebサイトを作るにあたって、美しいデザインと、機能的な構成を提案し、そして実際にコーディングを行うことが役割です。

 

Webデザイナーとは、Webに関するデザインを行う職種のことで、おもにWebサイトの配色や見た目を考え、実際にWebサイトに反映させることが仕事内容になります。

 

つまり、個人や企業のクライアントから依頼された内容に従って、Webサイトのデザインを担当しているのです。

 

「デザイン」とはいっても、実際には絵を描いたりすることだけがWebデザインではありません。

所謂「デザイン思考」という言葉で使われている「デザイン」と同じで仕事内容は幅広く、局所的な側面だけでは語りきれません。

 

クライアントの要望をかなえるためにはどのようなWebサイトが望ましいのかを、外観の「デザイン」や、使い勝手、そしてWebサイトへの情報追加・更新のやりやすさなど、すべてを「設計」する仕事だと言えるでしょう。

2. Webデザイナーの仕事内容とは

Webデザイナーにとって、デザイン作業は、全体の中の一部に過ぎません。デザインを行う前と後に、重要な行程が多くあります。

 

デザインを行う前には

  1. クライアントへの「ヒアリング」
  2. 競合サイトの「調査・分析」
  3. コンセプトや構成を決める「サイト設計」
  4. コンテンツを決める「情報設計」を行います。

 

クライアントの課題解決につながる企画と情報設計でなければ、いくら美しいデザインを施しても効果がなく、ここが極めて重要な行程と言えます。

私も、この点に関しては毎回頭をかかる点でもあります。

 

そしていよいよ「デザイン」です。

 

ここまでに制作した戦略に基づき、魅力的なページ設計を制作します。Illustrator, Photoshopなどのソフトを用い、カラーやレイアウトの調整や、写真素材を加工などを行います。

 

デザインが終わると、HTMLなどの文字列で構成する「コーディング」、更新しやすいシステムなどを構築する「プログラミング」を行います。この行程では1文字でも記述を誤ると正しく表示されないため、緻密な作業を行うことが必要です。

 

そして最終確認を行い、Webサイトが完成します。

 

3. Webデザイナーの行く末

インターネットが生活の隅々にまで浸透している現代社会において、Web制作はあらゆるビジネスにおいて必要不可欠であり、今後の需要も期待できるでしょう。

インターネットは急速に普及し、現在個人の普及率も8割を超えています。メディアとしても、インターネットは新聞を抜いてテレビの次に広告費がかけられている巨大メディアと言えるのです。

 

さらに、これ以降も右肩上がりに伸びていくことが予想されます。

 

特に、誰もがスマートフォンを通じて膨大な情報にアクセスできる今、瞬間的にメッセージを伝えられる「デザイン」の力が強く求められています。

 

人を惹き付ける視覚効果や、優れた情報設計を提案できるWebデザイナーは、これからも様々なシーンで活躍できる可能性のある仕事です。

4. Webデザイナーが求められる5つの理由

Webデザイナーが今後も求められる理由の背景にこのスキルの汎用性があげられます、つまり、Webデザインはどんな仕事においても活かすことができるということです。

 

ここでWebデザインを学ぶことが有益である3つの理由についてご説明いたします。

 

クリエイティビティがもたらす「デザイン思考」の重要性

デザイン思考とは、近年注目を集めている思考法の一つで、如何なるビジネスにおいても活用できる「デザイナー的」な考え方のことを言います。

 

クライアント様のニーズを正確に把握し、仮説・組み立て・検証の流れをスピーディーに繰り返しながら、新しいアイデアとデザインを創出する。このデザイナー特有のアプローチを遂行することで、あらゆるビジネスの課題解決の場面にて、クリエイティブな提案力を発揮できるのです。

 

論理的思考力の習得

Webデザイナーの特徴として、デザインだけに留まりません。コーディングやプログラミングといった作業も含まれます。

 

プログラミングとは、コンピューターに対して、正確な情報を打ち込む作業のことです。コンピューターは人間とは違い、依頼者の意図や文脈を汲み取ることはしないので、全ての命令をもれなく誤りなく文字列で書いていく必要があります。

 

その緻密な作業を行うことによって、論理的思考力が身につきます。論理的思考力とは、複雑な物事を整理して因果関係を解きほぐし、結論までの道筋を矛盾なく、シンプルかつわかりやすく示すことです。

 

その結果、たとえば説得力のあるプレゼンができたり、時間の浪費を軽減して余裕のある豊かな暮らしを実現したりと、人生を豊かにすることにつながると言えるでしょう。

 

仕事の幅が広がる

 

Webデザイナーのスキルを習得すると、今後のキャリアの選択肢が増え、より自分らしく、自由に生きていくことを可能にします。

 

Webデザイナーは、インターネットとPCがあれば場所を問わず仕事ができるため、フリーランスとして個人で活動する方も多いです。

 

また会社員として勤務する場合にも、リモートワークを活用しやすいケースが比較的多く、「自宅やカフェで自由に仕事がしたい」「海外で暮らしたい」という、様々な希望を叶えやすくなります。

 

5. Webデザインの勉強方法

Webデザイナーになるために、特別な資格は必要ありません。また必ずしも専門学校や大学に通う必要もなく、独学でスキルを習得することも可能です。目指す方法は人それぞれですが、より効果的にWebデザインを学ぶための勉強方法を紹介します。

 

大学に通い、Webデザインを勉強すること

大学に通い、4年間かけてWebデザインをじっくり学ぶという方法があります。専門学校ではなく大学をおすすめする理由は、スキルとともに幅広い教養を身につけることができるからです。

 

最低限、制作ソフトを扱うスキルとコーディングの知識があれば、Webサイトを制作すること自体は可能です。しかしプロとしてクライアントの期待に応える作品を制作するには、それだけでは足りません。

 

ビジネスやマーケティングの理解、クリエイティブな発想力など、Webデザイナーに必要な素養は多くあります。それらを身につけるためには、幅広い教養を身につけることが必要です。

 

実務においてスキルの習得を目指す

大学に通えない場合でも、独学でWeb制作のスキルを習得することは可能です。

 

近年はデザインやコーディングに関する書籍やオンライン講座が豊富に存在しているので、これらの教材をうまく組み合わせながら学んでいくことができます。知識を詰め込むだけでなく、優れたWebサイトの事例を研究すること、そして自分の作品づくりを繰り返していくことが、Webデザイナーとしてのスキルを高めていくでしょう。

 

プロとして活躍していくには、Web制作の現場でアルバイトやインターンを経験することをおすすめします。制作の流れ、チームワークの進め方、課題を解決する提案力など、実務において求められるスキルをあらゆる角度から学べる機会となるはずです。

6. まとめ

 

Webデザイナーのスキルは、今後の人生を左右するスキルであると言えるでしょう。
自分らしいキャリアの構築、そして自分らしい表現をし続けるために大きく役立つものだからです。

 

まだ将来の目標が決まっていない人においても、デジタルコミュニケーションの本質を学びつつ、成果を確認しながら改善を繰り返すことができるWebデザインの学習は、最も汎用性が高く、人生の選択肢をあらゆる形で広げてくれるのではないでしょうか。

 

ますます複雑化するデジタル社会において、自分を生きるための一つのスキルとして、ぜひWebデザインの学習を強くオススメします。

【未経験者必見!】Webデザイン解体新書

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事