人気記事
Webライターで副業を始めよう!月に5万円稼ぐまでのステップを解説

こんにちは、youta(https://twitter.com/youtamakemon)です。

 

突然ですが、皆さんは副業をしていますか?世間では、副業がブームになって早数年ほどが経ちました。

 

私もこのブームにのり、学生時代にブログやSNSの運用などを始めた結果、Webマーケティングで生計が立てられるようになりました。

 

そんな私ですが、最近、こんな質問をもらうことがよくあります。

  • 副業を始めたいのに、何から始めれば良いのかわからない
  • 副業として成果が上がりやすいのはどれ?
  • 副業はしてみたいけど、実際には稼げるの?
  • おすすめの副業は?

今日はこういった質問に答えていこうと思います。

結論からいうと、私が副業として初心者にまずおすすめしているのがWebライターです。

 

詳しく見ていきましょう。

Webライターの仕事

 

使用用途は、

  • 企業のHPのコンテンツ充実・SEO対策の為の執筆
  • アフェリエイトの為の執筆

が大半です。

企業のHPのコンテンツ充実・SEO対策の為の執筆

 

皆様もなんとなく想像がつくと思いますが、企業のマーケティングのインターネット市場が占める割合は年々増加しており、

サービスや製品をターゲットユーザーに認知、利用してもらうために企業はSEO対策を行なっています。

SEOに関してはこちらの記事で詳しく解説していますので、よかったらご覧になってみてください。

【SEO】サイト作りは検索ニーズを理解してから始めよう

そのためにWebライターは、コンテンツ充実の為、企業の代わりに記事を執筆し、納品していきます。

アフェリエイトのための執筆

 

SEO対策と同じくらい多い依頼が、アフェリエイト関連のものです。

それなりにコンテンツの数が重要視されるアフィリエイトブログ等でのコンテンツ制作を請け負います。

記事単価が安い傾向にありますが、未経験者も関係なく応募している場合が多い上にノウハウも学べる為、個人的には結構おすすめです。

 

Webライターへのステップ

大まかに仕事のに内容を知ったところで、次はどうすればWebライターになれるのか解説していきます。

Webライターになるには以下の方法で仕事を見つけましょう

1、YouTube やブログを見て勉強しよう

 

めっちゃありがたいことなんですが、今の時代、高い授業料を払ってスクールとかに通わなくても、Webライターとしてトップを走る方々が無料で、youtubeやブログでライティングで稼ぐ方法を解説してくれています。

まずは、彼らの考え方や働き方に触れましょう。

初心者が抑えるべきライティングの基礎や営業の仕方まで解説してくれている方ばかりなので、まずは2、3人自分にとって分かり易い人を見つけて一通り学習を行いましょう。

2、クラウドソーシングサイトに登録しよう

 

動画学習で一通り流れが分かったら、早速クラウドソーシングサイトに登録してみましょう。

基本的にクラウドワークスとランサーズに登録しておけば問題なしです。

クラウドワークスがこちら↓

https://crowdworks.jp/pages/guides/new_user

ランサーズがこちら↓

https://www.lancers.jp/

3、プロフィール欄を充実させよう

 

クラウドソーシングアプリに登録したら、まずは、プロフィール欄を充実させましょう。

こちらもYouTubeやブログ記事で解説されているとは思いますが発注者が仕事を頼む際に気にするのがワーカーのプロフィールです。

基本的な情報きちんと入力しておけば、実績が少なくとも案件の獲得は難しくありません。

4、営業を行う

 

プロフィールと同様にWebライターとしてお金を稼ぐのに重要なのが、この営業です。

営業を行う際に気をつけるべきことについて箇条書きでまとめます。

 

  • 営業文は経験者の文言を真似する
  • 一件、二件の応募ではなく十件、二十件単位で応募する
  • 文字単価は初心者なら0.5円以上くらいを目安に

 

営業文は経験者の真似をする

 

依頼に応募する際に必要となる営業文ですが、実際に依頼を獲得できている方を参考にレイアウトを真似しましょう。

参考にする人が見つからない方は以前私が使っていたものを参考にしてください。

Webライターのyoutaと申します。

過去に100記事以上、記事を執筆して参りました。

『ライティングをする上で大事にしていること』

・ペルソナの意識

・読者が求めていること

・記事テーマの徹底的なリサーチ

を意識して記事を執筆しております。

常に読者が読みやすい記事を書こうと試行錯誤しています。

✅過去執筆ジャンル

・WEBコンテンツ、動画編集、投資、競馬、スポーツ全般、自己啓発、書評、受験、就活、IT、マッチングアプリ、アパレル、介護・福祉、ゲーム、料理、マーケティング、資格、会計、経理、WEB制作、デザイン、アウトドア、海外、広告

✅入稿方法

・wordpressでの入稿

・wordでの入稿

✅その他

・記事内の表や図も対応可能

・無料の商用画像は無料で選定いたします。

✅料金

文字単価1円 ※柔軟に対応しています。

こちら参考ブログです。

https://marke.monster/

ご検討よろしくお願いいたします。

 

一件、二件の応募ではなく、十件、二十件応募する

 

初心者にありがちなのが、数件の応募での挫折です。厳しく聞こえるかもしれませんが、営業の基本は数。

営業文を送って、無視されたり、断られたりしてもいちいち間に受けないでください。

私も営業する時は三十件、五十件応募することはザラでした。そういうものだと割り切って数をこなしましょう。

 

文字単価は初心者なら0.5円以上を目安に

 

依頼内容としては、色々と意見はありますが、基本的に文字単価0.5円以上を目安に応募していけば良いかと私は思います。

実際に稼いでるライターさんの文字単価は一円以上であることが多いですが、そのためには最低限のSEOの知識や実績が必要です。

だからこそ、消耗も少ない0.5円以上の案件で実績を積みつつ、文字単価の高い依頼を探してください。

 

Webライターはブログを書こう

上述した内容に素直に取り組んでいけば、ライティングに割ける時間にもよりますが、3ヶ月〜半年ほどで月5万円ほどであれば稼げるようになると思います。

 

その為、ここからそれ以上に大きく稼ぐ、安定した収入を得る方法について話していきます。

 

Webライターのポートフォリオになるブログ

 

Webライターは、クライアントワークを通じて、実績を積み上げることも可能ですが、私は個人でブログを開設することをお勧めします。

ブログを運営することで、SEOの知識も身に付く上、継続的に運用ができればブログからの収入も見込めます。

自身のブログでどういった記事が読まれているのか、どういった内容の受けが良いのかを研究し、SEOに関する提案までクライアントにできるようになれば、継続的に高単価な依頼を受けていくことが可能になるでしょう。

 

ブログのPVは気にしなくてOK

 

ライターのポートフォリオとして、ブログを運用する際に初心者だとどうしてもその完成度だったりが不安になってしまうとは思いますが全然気にしなくて問題ないです。

自己紹介と簡単な経歴をのっけて、気軽に始めましょう。少ない頻度でも継続してブログを書いていくことでクライアントの信頼を得やすくなります。

 

ブログでも収入を得つつ、ライティングをしていこう

 

ライティングで培った技術をブログに活かす→ブログの完成度を上げる→高単価なライティング案件を獲得する。

 

この流れに入れば勝ちです。ブログのpv数が上がって収益が出てくるようになればブロガーに転向することも視野に入れましょう。

その際に必要となる知識は以下をご覧ください。

【入門】アフィリエイトとは?(収入、メリットについて解説)

 

最後に

 

Webライターは、皆さんが考えている以上に始めやすい副業です。

最初の方は時給で換算してしまうと、物足りなくなってしまうこともあるかと思いますが、スキルを着実に身につけることで貴方の人生をより良くしてくれるでしょう。

おわり。

 

webライターに向いているかはこちらの記事をご参照ください。

【副業におすすめ】Webライター適性診断!10項目で診断

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事