人気記事
UI・UXを意識したWebデザインの可能性


こんにちは、Webデザイン担当の永田です。

21世紀のITの進歩に伴い、誰もが時間や労力をかける事なくITの恩恵を享受したいと思うようになりました。

Webサイトや携帯アプリを閲覧する際も同様で、Webサイトや携帯アプリが迅速かつ効率的に反応すればするほど閲覧者が増加し、成果を得ることができます。

つまり今日では閲覧者に重点を置く事が重要なのです。

 

そしてWebサイトやアプリのユーザー満足度に関しては、

ほとんどのIT企業がWebサイトやアプリケーション内のUser Interface(UI)とUser Experience (UX)に注目しています。

 

しかし、UI・UXについて誤った理解をしている人が多いと言えるでしょう。

 

そこで、私たちは今回UIとUXデザインの概念をご紹介致します。

”UX”(User Experience)とは?

User Experience(UX)とは、お客様に最大限のサービスを提供するという目的を達成するために、ユーザーがアプリケーションやWebサイトを利用する際の総合的な体験を向上させる手順のことを指します。

 

UXの開発では、お客様の満足感を念頭に置き、アプリケーションの基本的な骨格を作成します。

主に、アプリケーションのワイヤーフレームを作成し、すべての要素を適切に構成してユーザーフローを作成することに重点を置いています。

”UI”(User Interface)とは?

一方、User Interface(UI)とは、Webサイトや携帯アプリの表現力や操作性を向上させるプロセスのことを指します。

 

アプリの外観を重視し、ユーザーとの対話を促進させるのです。

アプリケーションを使用する際に目にする画面、ページ、ボタンなどの視覚的要素が、そのアプリケーションのUser Interfaceです。

UI•UXを意識したデザインの重要性

ビジネスにおける最大の目標は、売上を伸ばし、事業を拡大させることです。

 

UX/UIデザインは、この目標を達成するために重要な役割を果たします。

WebサイトやアプリケーションのUI・UXデザインは、User Experience と顧客満足度を向上させ、最終的に特定のユーザー数を増やすのに役立ちます。

 

商品やサービスを提供する際、ユーザーには多くの選択肢があるため、ユーザーの関心を引くための時間は非常に短く、この短い時間でお客様が抱く関心の的を射抜く必要があります。

 

UIとUXのデザインは、消費者の信頼を獲得し、彼らが探しているものを提供するアプリケーションやウェブサイトを利用してもらうために役立ちます。

 

Webサイトやアプリケーションにアクセスする消費者の数は、優れたUIとUXの恩恵を受けていると言えるでしょう。

近年、スタートアップ企業や小規模なベンチャー企業においてUI・UXデザインの重要性はますます高まっています。

閲覧者が企業に対して抱く第一印象は長期的に持続するものであり、UI・UXデザインの活用が企業のブランド認知度を左右するのです。


 

UXデザインには、以下のような要素があります。

・Information Architecture(情報アーキテクチャ)

・Interaction Design (インタラクションデザイン)

・Usability (ユーザビリティ)

・Wireframe (ワイヤーフレーム)

・Visual Design (視覚的デザイン)

Information Architecture(情報アーキテクチャ)

情報アーキテクチャ(IA)とは、アプリケーションやWebサイトの情報構造を設計することで、そのことによってビジネス戦略を実現することです。

IAの主な役割は、ユーザーがどのブラウザを使用しているかに関わらず、簡単なナビゲーションを提供することです。

最良のトップレベルのナビゲーションメニューを提供するために、最大限の順列と組み合わせを使用することが求められます。

Interaction Design(インタラクションデザイン)

インタラクションデザイン(Interaction Design)とは、ユーザーが製品やアプリケーションを閲覧するための概念的なデザインを作成することです。

 

このインタラクション(ユーザーとWebサイトの出会い)には、美学、色、フォント、アイコン、画像、動き、音、空間、グラフィックなど様々な要素が含まれているのです。

Usability(ユーザビリティ)

ユーザビリティ(Usability)は、「ユーザーの利便性」という言葉に置き換えられます。

 

ユーザーがアプリケーションを使用したり、初めてサイトを訪れたりしたときに、欲しい情報が得られるかどうか、アプリケーションやウェブサイトが簡単に操作できるかどうかを把握するとともに、エラーが発生したときの対処方法も理解します。

Wireframe(ワイヤーフレーム)

ワイヤーフレーム(WireFrame)とは、Webサイトやアプリケーションのサンプルを作成し、実際に起動する前にアプリケーションの機能、外観、使いやすさをテストすることです。

 

機能をテストし、アプリケーションが目的を果たしているかどうかを評価する手立てとなります。

Visual Design(ビジュアルデザイン)

アプリケーションやWebサイトのビジュアルデザイン(Visual Design)は、企業のブランドを決定するようなものです。

 

ジュアルデザインの決定はユーザーの行動に影響を与えるため、UIデザインの中でも最も重要な要素となります。

 

ビジュアルデザインは、最適な画像、色、アイコン、フォントを選択するだけではなく、アプリケーションの外観がユーザーのインタラクションに影響を与えることを確認することでもあります。

ビジネスの成長にUI•UXが不可欠な理由とは?

ご存知のように、UIとUXの開発は、アプリケーションのフロントエンドをデザインし、構造化するための中核となる要素です。

 

それはページ全体の難解さを改善するだけでなく、アプリケーションの表現性とユーザビリティを向上させることに繋がります。

 

UI・UXを意識したWebデザインは、ユーザーの満足度や喜びを重視するためビジネスの成功に重要な役割を果たします。

ビジネスの観点では、企業のブランドや価値、評判を構築するためにユーザーの満足度を重視することが不可欠であると言えるでしょう。

ITが競争の激しい分野であることから、消費者の注目を集め、企業の製品から収益を得るためのUI UXデザインサービスの必要性は非常に重要です。

それゆえUIとUXを重視したWebデザインは、今日のウェブ開発において重要な役割を果たしているのです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事