人気記事
オウンドメディアの重要性

こんにちは、youtaです。

 

ハンバーガーショップにいく前にクーポンをダウンロードする。新しく発売されたスマートフォンの機能を調べる。

 

このように、私達はさまざまな場面で企業が運営するサイトの情報やサービスに触れています。

 

こうしたコンテンツは、従来型のコーポレートサイトとは別にオウンドメデイアで発信されます。

 

今日の記事では、オウンドメデイアがなぜ重要なのか?そしてどのように運用すればいいか?についてまとめていきます。

オウンドメディアが重要な理由

オウンドメディアとは

 

オウンドメディアとは、自社で所有しているメディアのことを言います。

 

ブログ形式のWebサイトを指すことが多いのですが、他にもメールマガジンやスマホアプリもこれに該当します。

 

では、なぜオウンドメディアが注目されているのでしょうか?それには、トリプルメディア戦略(マーケティング活動における)での位置付けが関係します。

 

オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアの3つをトリプルメデイアと呼びます。

 

ペイドメディアとは、リスティング広告やディスプレイ広告など、費用を払って利用するメディアです。

 

これに対して、アーンドメデイアはFacebook、Twitter、InstagramなどSNSを始めとした情報の拡散によって信頼や評判を得ます。

 

これらの「費用を払う」「拡散する」というメディアを「自社で保有する」メディアとうまく連携することでマーケティング効果を最大にすることが可能となるのです。

コンテンツマーケティング

 

テレビのCMや新聞の折り込みチラシでは、自社のサービスに関する情報を一方的に伝えるだけです。

 

これに対してコンテンツマーケティングでは、ユーザーに有益な情報をコンテンツとして配信することで、顧客との信頼関係を築き購買行動につなげます。

 

コンテンツの種類には、ブログなどのコラム型、動画、導入事例や口コミ、カタログやサービス資料、メールマガジンなどがあります。

 

オウンドメディアにこれらのコンテンツを掲載することで、コンテンツマーケティングの有効な媒体となるのです。

広告の費用対効果

 

かつては集客するためには広告を出すのが一番、と考えられていました。

 

しかしながら、広告を配信している間はいいのですが、いったん止めてしまうと集客が途絶えてしまうという問題があります。

 

また、広告にはたくさんの競合がいて、これらに打ち勝って表示されるには高い広告費用がかかります。

 

Web広告に関していえば、ユーザーの警戒心の問題もあります。

スマートフォンの広告ブロック機能を使って表示されないよう設定するユーザーが増え、CPA(ユーザーひとりあたりの獲得単価)も上昇してきました。こうしたことから、従来の広告手法では費用対効果が合わなくなってきています。

その点、オウンドメディアは自社の資産となり、情報を探している人の要件とマッチして自社コンテンツが表示されれば、結果として自社のことを知ってもらうことができるのです。それも半永久的に。

見込み客の獲得

 

オウンドメディアは、現時点では顧客ではないがいずれ購入の可能性がある顧客、つまり見込み客に対してアプローチすることができます。

 

自社のコンテンツを用意し、なにかのきっかけでそれを見つけた人が、その時はすぐに購入することがなくてもそのサイトを覚えていることがあります。

 

何か解決したいことがあり、キーワードを使って検索するユーザーに対して、対応したコンテンツを提供することで、何かの気づきをあたえるかもしれません。

 

カスタマージャーニーというプロセスがあります。

 

顧客が商品やサービスを知り、どのようにして購買に結びつくかを旅になぞらえて考えます。オウンドメディアのコンテンツが直接購買に結びつくことがなくても、それに至るまでの顧客との接点を作ることで、見込み客を獲得することにつながるのです。

オウンドメディアを運用するポイント

WordPressを使って構築する

 

集客の基本はオーガニック検索(自然検索)によるものです。GoogleやYahoo!でユーザーが検索を行い、検索結果にランキング形式でWebサイトが表示されます。

 

こうしたWebサイトはWordPressを使って構築します。

 

WordPressの最大のメリットは無料で使えることです。

機能性と自由度に優れ、無料もしくは有料オプションでテーマ(サイトデザイン)やプラグイン(標準にない機能を持たせる)を追加することにより、訪問したユーザーを惹きつけるサイトを制作することができます。

 

Webサイト制作会社に外注することもできますが、サーバーをレンタルしてドメインを取得(いずれも有料)すれば、WordPressを無料でインストールして自社で構築・運用することも十分可能です。

ランディングページを作る

 

自社の提供する商品やサービスに関心を持っているユーザーに対して有効な施策が、ランディングページです。

 

訪れた人に購入、申し込み、資料請求などのアクションを起こしてもらうことを目指して作成します。例えば「サプリメント おすすめ」というキーワードで検索して訪問するユーザーは、サプリメントの情報を探している人ですから、すでに興味や関心が高まっている状態です。

 

そこでサプリメントの成分や、抱えている悩みに対する効果を伝えて、申し込みや問い合わせまでの一押しをします。

 

この例では、ひとくちにサプリメントと言っても、性別や年代などによって訴求するポイントが異なる場合があります。そこで、こうした属性を汲み取ってターゲットに最適なランディングページを出し分けるような仕組みも効果的です。

コンテンツの外注化

 

オーガニック検索による集客を図るには、キーワードを設定してそれに関連するコンテンツを数多く用意する必要があります。

 

定期的に配信して、情報の頻度と鮮度を高めることが有効です。しかしながら、自社で月に何十本のコンテンツを公開するとなると、社内の人員だけで対応するには本数にも限りがあります。そこで、これらを外注するという方法について考えてみましょう。

 

外注は、コンテンツの企画から依頼する場合と、ライティングのみ依頼する方法があります。前者の場合は、担当者は要望を伝えて成果物を確認するだけなので負担も軽減されます。その反面、記事単価が高く細かいニュアンスを反映しづらいといったデメリットもあります。

 

これに対してライティングのみ依頼する場合は、記事単価が安くすむためコンテンツを量産することも可能です。もちろんデメリットもあります。コンテンツの企画や画像提供、作成された記事のリライトといった作業が増えることになります。

 

こうしたメリットとデメリットをふまえた上で、内製と外注をうまく使い分けることが、コンテンツ拡充のポイントです。

セミナーやイベントの告知

 

セミナーやイベントの開催は、重要なマーケティング施策です。直接対話する機会を持つことで、顧客との交流、情報の交換、信頼感の構築などさまざまなメリットがあります。

 

WordPressでこうした情報を発信する場合は、固定ページを使います。これにより、普段投稿するコンテンツとは別にトップページに割り当てることができます。

 

訪問したユーザーが一目でセミナーやイベントのページだとわかるように、トップに画像を掲載しましょう。

 

スライドショーを使って複数の画像を順番に表示するのも有効です。会場の地図をGoogleマイマップで表示したり、申し込みの受付フォームを設置するのもいいでしょう。

 

また、イベント終了後に当日のレポート記事を投稿することで、次回開催時の集客に生かすこともできます。

ページのアクセスを解析する

 

オウンメディアを運用する上で、集客ができているのか?購入や会員登録など期待したアクションが取られているか?改善が必要なコンテンツはどれか?を分析することは重要です。

 

これらを分析するために、アクセス解析ツールを導入しましょう。無料で高機能なツールがGoogle Analyticsです。

 

さまざまな角度から自社のWebサイトに訪問したユーザーの動きを読み取ることができます。訪問数を確認するにはセッションの推移を見ます。Webサイト全体、1記事毎の推移を見ることができます。

 

コンバーションは、目的とした行動が取られているどうかを確認する指標です。他にも直帰率や平均ページ滞在時間などの項目をチェックすることで、訪問したユーザーのコンテンツに対する反応を伺うことができます。

 

こうした分析結果をもとに、Webサイトの作りやコンテンツ改善の課題を発見し、PDCAを回していきましょう。

まとめ

オウンドメディアを成功させるためには、良質なコンテンツを配信しながらアクセス解析ツールなどにより効果を測定し、PDCAを回していくことが大切です。

 

また、実際に関わる人員を最適化しながら、無理のない運用体制を構築することも成否を分けるポイントとなります。

 

メディア運営は短期間で結果は出ません。トライアル・アンド・エラーを繰り返しながら長い目で育てていくことが、成功への近道なのではないでしょうか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事